2008年03月22日

ラ・フォル・ジュルネ金沢2008

ネットを眺めてたら、発見した。

「ラ・フォル・ジュルネ金沢」
http://www.lfjk.jp/index.html
http://oekfan.air-nifty.com/news/2008/02/post_8847.html


ラ・フォル・ジュルネって、金沢でもやってるんだ、知らなかった。(アンサンブル金沢という楽団のことはもちろん知ってました)

私は埼玉に住んでいるので、浦和レッズや大宮アルディージャの、地元の盛り上がりを見知っています。近所のスポーツジムでは、レッズのユニフォームを着てエアロビクスを踊っているファンキーな女性を見掛けます。

やっぱり良いオーケストラがあると、クラシック音楽も活発になっていくんだ、と思いました。今年のテーマはベートーベンらしい。私は金沢までは行けないけれど。

公式サイトには、ナクソスというクラシックファンには貴重なレーベルによる、無料視聴コーナーもあります。
posted by K at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

レコード芸術4月号 演目別 オペラDVD名作大全

近所の図書館で、レコード芸術の最新号を手にとったら、特集をやっていた。それぞれ評者の方が、有名な演目のベストDVDを選ぶという企画。

自分が気に入ってるディスクが選ばれているか、まずその視点で、つぎに、自分の知らない良さそうなディスクはありそうか、という点からざっと目を通してみると・・・。

5〜6割方は私と同じセレクトで、2割は違うディスク、2割弱は私が聞いたことがない作品やディスクといった感じ。

プロの音楽評論家が選んでいるせいか、ちょっと前衛的な演出のものが多すぎる気がした。

2006年ザルツブルグの「フィガロの結婚」などは、ファーストチョイスじゃないでしょう。しかし、雑誌では選ばれていた。私などは、喜劇としての作品の良さが活かされていない演出だと思うが。

「フィガロ」のファーストチョイスは、1966年のベーム指揮か、グライドボーンのコトルバスがスザンナを演じたディスクだと、私とは思う。

とはいえ、この手のランキング企画は、眺めててなかなか楽しく、多少は参考になります。一部の演目をのぞくと、オペラのDVDの品揃えって、まだまだこれからかなあ、って気もしました。

posted by K at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする