2008年03月24日

高橋アキのCD

高橋アキが「芸術選奨文部科学大臣賞」を受賞、というニュースがありました。
http://www.mde.co.jp/doc.id?id=20080312145913691

私が愛聴するCDのうち、3枚をおすすめします。
(「タンゴコレクション」とジョン・ケージの作品「フォー・ウォールズ」「危険な夜」)

同時代の日本のピアニストが、同時代の作品のCDを、継続して発表してくれることは、大変ありがたいことです。お金が儲かるとはとても思えないからです。しかし、高橋アキのCDが発売された日本と発売されない日本を想像すると、後者は明らかに、成熟度という視点で劣った世界と感じられます。(やや大げさな言い方になりましたが)

ジョン・ケージの音楽は、正直なところ、誰にでも自信をもってお薦めできる性質のものではないです。でも、例えば抽象絵画やキュビズムが好きな方、現代詩を読まれる方、ミニマルミュージックやレイハラカミ、坂本龍一やドビュッシーの幅広いピアノ曲などを聴く方、マーラーの交響曲7番やベートーベンのワルトシュタインが好きな方などは、ためしに聴いてみると、掘り出し物(宝物)をみつけることになるかも知れません。

バッハ、モーツァルトからマーラーまで続くクラシック音楽とは全く別の場所から歩き始めて、全く別の場所へ連れていってくれる音楽です。

「タンゴコレクション」は、サティやピアソラ、割と最近のジャズのピアノなどが好きな方に自信を持ってお薦めします。

(今は入手が困難なようですが「こどものためのサティ」(立松和平朗読)もお薦め)

公式サイト http://members.jcom.home.ne.jp/akitakahashi/





posted by K at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。