2008年04月11日

私のベスト3

最近あまりDVDを愉しむ時間がなかったのですが、きのう久しぶりにクライバー指揮の「カルメン」を見ました。そのあと、好きなオペラの好きなシーンを、何枚かプレーヤーにかけて見つつ、ベストシーンをリモコンでぴょんぴょんチョイスしながら、いま一番好きなDVDが何かを考えてみました。

<ベスト3>
・「フィガロの結婚」ベーム指揮1966年の
  ザルツブルグ音楽祭の録画。
・「カルメン」クライバー指揮1978年
・「椿姫」ネトレプコ主演2005年



ごらんになった方には同意していただけるかと思いますが、この3本はまさに世界遺産級ではないでしょうか。図らずもすべてウィーン歌劇場になりましたが、作曲家はダブらないで良かった。

【「フィガロの結婚」ベーム指揮1966年】
ベーム指揮のものは、映画版や日本公演など各種ありますが、決定版はこれしかありません。モノラルでモノクロなのに、これが一番美しく見えるのです。歌手が本当に生き生きしているからだと思います。1幕のレリ・グリスト(スザンナ役)の表情や身のこなし、一挙手一投足がモーツァルトの旋律に合わせているかのようです(彼女はバレエをやっていたに違いない)。ケルビーノに向けるまなざしもユーモラスで可笑しい。フィガロ役も本当に愉快な上機嫌のフィガロです。そしてエディト・マティスのケルビーノ。ベームのレクイエムやリヒターのマタイで歌っているソプラノがなんとこの盤ではケルビーノを歌っている!!そしてその歌唱がまさに迫真なのです。その他に見事なセットや衣装など、この盤の美点は挙げたらきりがない・・・。歌手自身がこんなに楽しんでいる舞台はほかにあるでしょうか。

【「カルメン」クライバー指揮1978年】
クライバーがどう考えても映りすぎなのですが、クライバーの指揮ぶりを見たい人は多いのでしょうし私もその一人です。この盤では若くて自然体のクライバーが見られます・・・また、この盤の間奏曲の美しさは、まさしくクライバーそのものです。歌手ではドミンゴよりもカルメン役のロシア人歌手に魅かれます。オペラ歌手にしか望めないレベルの人間の声、すばらしいノドを持った歌手です。このひとの声をライブで聴いたらどんな気持ちがするだろう・・・。2幕の冒頭のセットと合唱の素晴らしさ、終盤のジプシーの魅惑的な歌唱・・・この盤の美点も数えきれない。

【「椿姫」ネトレプコ主演2005年】
オペラは舞台芸術ですから、歌手が美人過ぎるというのは、けなす理由にも毛嫌いする理由にもなりません。1幕のネトレプコの美しさは筆紙に尽くしがたい・・・男性は死ぬ前に一度見てみるべきDVDです。女性も老いる前に一度見てみるべき上演ではないでしょうか。現代的な演出も効果を上げています。

エディト・マティスのアマゾン検索結果

グリストのアマゾン検索結果
posted by K at 11:47| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

オペラする彫刻と上野の桜

6〜7分咲きというニュースを聞いて、一昨日、上野公園に行ってきました。

文化会館を中心に「東京のオペラの森」のイベント・ウィークが催されているようです(来月まで)。メインは、小沢征爾指揮の「エフゲニー・オネーギン」らしい。行ける人はうらやましい。(私はしばらく財政上の理由で行けない)
公式サイト http://www.tokyo-opera-nomori.com/top.html

ちょうちんで盛り上げています。なんとなく上野らしい。少し坂をのぼると西郷さんの銅像です。

東京のオペラの森

「エフゲニー・オネーギン」をモチーフにした彫刻が公園内にありました。3体。4/20までの期間限定らしい。

タチヤーナがラブレターをしたためるシーンと、オネーギンが愛を告白するシーン。(クリックすると鮮明な絵になります)

IMG_0147.JPG

タチヤーナ

エフゲニー・オネーギン

エフゲニー・オネーギン

IMG_0128.JPG

6〜7分咲きの桜です。明日、あさってが見頃でしょうか。雨が降らなければ良いのですが。

上野公園

上野公園

上野公園
posted by K at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ラ・フォル・ジュルネ金沢2008

ネットを眺めてたら、発見した。

「ラ・フォル・ジュルネ金沢」
http://www.lfjk.jp/index.html
http://oekfan.air-nifty.com/news/2008/02/post_8847.html


ラ・フォル・ジュルネって、金沢でもやってるんだ、知らなかった。(アンサンブル金沢という楽団のことはもちろん知ってました)

私は埼玉に住んでいるので、浦和レッズや大宮アルディージャの、地元の盛り上がりを見知っています。近所のスポーツジムでは、レッズのユニフォームを着てエアロビクスを踊っているファンキーな女性を見掛けます。

やっぱり良いオーケストラがあると、クラシック音楽も活発になっていくんだ、と思いました。今年のテーマはベートーベンらしい。私は金沢までは行けないけれど。

公式サイトには、ナクソスというクラシックファンには貴重なレーベルによる、無料視聴コーナーもあります。
posted by K at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

レコード芸術4月号 演目別 オペラDVD名作大全

近所の図書館で、レコード芸術の最新号を手にとったら、特集をやっていた。それぞれ評者の方が、有名な演目のベストDVDを選ぶという企画。

自分が気に入ってるディスクが選ばれているか、まずその視点で、つぎに、自分の知らない良さそうなディスクはありそうか、という点からざっと目を通してみると・・・。

5〜6割方は私と同じセレクトで、2割は違うディスク、2割弱は私が聞いたことがない作品やディスクといった感じ。

プロの音楽評論家が選んでいるせいか、ちょっと前衛的な演出のものが多すぎる気がした。

2006年ザルツブルグの「フィガロの結婚」などは、ファーストチョイスじゃないでしょう。しかし、雑誌では選ばれていた。私などは、喜劇としての作品の良さが活かされていない演出だと思うが。

「フィガロ」のファーストチョイスは、1966年のベーム指揮か、グライドボーンのコトルバスがスザンナを演じたディスクだと、私とは思う。

とはいえ、この手のランキング企画は、眺めててなかなか楽しく、多少は参考になります。一部の演目をのぞくと、オペラのDVDの品揃えって、まだまだこれからかなあ、って気もしました。

posted by K at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ラ・フォル・ジュルネ2008 Yahooの選曲など

ラ・フォル・ジュルネ2008」のチケット発売開始ということで、ヤフー・トップページから、特集サイトへリンクが出ていました。

トップページにクラシックの話題が出ること自体、異常事態に近いかも知れないので、このヘンな名前の音楽祭は、いよいよ市民権を得つつあるのかも知れない。今年は「シューベルトとウィーン」というテーマらしい。

特集サイトを見て、面白かったのは、ヤフーチケットの選曲。以下の曲が演奏される予定の公演、という構成になっている。

・「魔王」 を演奏する予定の公演
・「野ばら」  〃
・軍隊行進曲  〃
・交響曲第7番「未完成」  〃
・ピアノ五重奏曲「ます」  〃
・12のレントラー   〃
・アルペッジョーネ・ソナタ  〃
・弦楽四重奏曲「死と乙女」  〃
・「アヴェ・マリア」   〃
・交響曲第8番「グレート」  〃
・歌曲集「冬の旅」   〃

シューベルトの日本で人口に膾炙した曲を、リサーチしてランキングにしたかのよう。この有名な曲をすべて演奏するラ・フォル・ジュルネもすごい(やっばり言いにくい)。クラシックの聴衆を広げるというのも、音楽祭の趣旨らしいので、この選曲と紹介方法はもちろん正しいのですが。

魔王や野ばらは、今でも小中学校の教科書に載っているのでしょうか。きっと、のっているのでしょう。のっていてほしい。

私の好みでは、「即興曲」「最後のほうのピアノソナタ」「弦楽5重奏」「ピアノ3重奏」などを付け加えると、ときどき聞きたいシューベルトリストが出来上がります。それとアバドとウィーンフィルによるミサ曲も。

あらためてリストを見ると、「死と乙女」や「冬の旅」のような、有名とはいえ、異常に暗くて激しい曲がきちんと入っているのが、なんとなくうれしい。

話題になっているのを横目でみながら、去年までは行ってない。今年は行ってみようかしら。
posted by K at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。