2008年03月31日

牧人の王 MOZART22

モーツァルト19歳の作品。22のDVDセットの中で、いちばんプレーヤーにかけた回数が多い作品です。アレキサンダー大王と、大王が侵略した小国の羊飼いが主人公。(実はその羊飼いが小国の隠れた血筋の後継者)

この上演は、いわゆる現代的な演出が成功した模範例だと思います。きわめてシンプルなセットと、シンプルな衣装。登場人物は5人だけ (合唱は出てこない) で、舞台セットに用いられるのは、モノクロの切り絵と影絵のみ。

序曲がはじまると、5人の歌手が現代のふだん着のまま舞台のソデから現われ、「牧人の王」と書かれた箱を見つける。箱を開いて、くじ引きするような身振りで役柄をきめていく。その後も、ところどころで、“これは今ここで歌手たちが演じているお芝居なのです”、と匂わせる仕掛けが出てきます。

しかし、物語が高潮していくと、主人公と恋人は、演じているだけのはずの役に没入してゆき、思い乱れ苦悩するようになる。見ているコチラもだんだん熱くなってきます。劇場の観客が緊迫するのも伝わってきます。

ストーリーの柱になっているのが、貧しかった羊飼いが王国の後継者だと分かり、いったんは城へ行くことを拒むのですが、やがて自らの運命として受け入れる。主人公は、自分の人生で演じる「役割」が大きく変わるわけです。

この演出は、その筋をさらに強調する仕掛けであるように見えます。観客に自分たちも人生で振りあてられた役を演じているにすぎない、と気付かせようとしている。その役割を楽しめるときもあれば、役割ゆえに、その役割がおしつけてくるものゆえに、苦しむこともある。本当の自分は、別のところにいる、と感じている自分。

ここまでは演出の話です。音楽については一言だけ。19歳のモーツァルトの若さ、あふれでて、やまないものを感じることができます(しかも決して単純な音楽ではない)。演奏もくりかえして聴くに値する出来映え。



牧人の王の検索結果

IL Re Pastoreの検索結果
posted by K at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | MOZART22 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月29日

MOZART22

公式サイトhttp://www.universal-music.co.jp/classics/release/dvdvideo/dvd_mozart22.html

モーツァルトの全舞台作品。輸入盤のDVDセットが発売されてすぐに買ったが、まだ1/3ぐらいしか見ていない。それでも、やはり、このプロジェクトの衝撃は大きかった。

この作品群からは、これまで主に2つのことを感じとりつつある気がします。

ひとつは、作曲家モーツァルトのスケール(幅と深み)について認識を新たにすること。ふたつ目は、オペラにまつわるヨーロッパ文化の蓄積を感じること。

モーツァルトは私にとって、晩年のシンフォニーやピアノ協奏曲、5大オペラ、管楽器の協奏曲、バイオリンやピアノのための小品、宗教曲の傑作群などで、すでに充分に偉大な作曲家でした。

音楽で直観させる世界観のようなもの。それは、言葉だけを通じて、文学や哲学だけを通じて世の中を理解しようしがちな、えてして厭世的になりがちな感傷的なタイプの人には、全く異なる場所から快い刺激を与えるものだったのではないでしょうか。

しかし、このプロジェクトの作品群は、それらを超えて、もっと官能的に、もっとストレートに肯定的なモーツァルトを表現しています。これまでの私の見方は、主に晩年の作品のイメージで占められていたことに気づきました。晩年の傑作にくらべて劣る、などという評論家のことばを鵜呑みにして、それらの作品を聴かないでいるのは、まさに重大な損失です。

ふたつめ。
22のオペラ作品の演出には、前衛的なものが少なからず含まれています。というより、全ての作品でなんらかの新趣向が試みられており、オーソドックスなものはないと言っていい。その貪欲な姿勢、いわば、モーツァルトのテキストを味わい尽くしてきた上に、更に新しいものを注ぎ込もうとする態度。

さらに蛇足ですが、1ヶ月ぐらいの間に、全22作品を上演してしまうエネルギー。世界中から観客を集められるといっても、200年前のテキストを基にして、これだけのことが可能だとは。

このブログでは、年内に22作品すべてをレビューする目標(希望)を立てています(とりあえず)。奇抜な演出に関する私なりの解釈も含めて、先行して書かれたものも参考にしながら、順次アップしていく予定です。



MOZART 22の検索結果(アマゾン)
posted by K at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | MOZART22 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月28日

オペラする彫刻と上野の桜

6〜7分咲きというニュースを聞いて、一昨日、上野公園に行ってきました。

文化会館を中心に「東京のオペラの森」のイベント・ウィークが催されているようです(来月まで)。メインは、小沢征爾指揮の「エフゲニー・オネーギン」らしい。行ける人はうらやましい。(私はしばらく財政上の理由で行けない)
公式サイト http://www.tokyo-opera-nomori.com/top.html

ちょうちんで盛り上げています。なんとなく上野らしい。少し坂をのぼると西郷さんの銅像です。

東京のオペラの森

「エフゲニー・オネーギン」をモチーフにした彫刻が公園内にありました。3体。4/20までの期間限定らしい。

タチヤーナがラブレターをしたためるシーンと、オネーギンが愛を告白するシーン。(クリックすると鮮明な絵になります)

IMG_0147.JPG

タチヤーナ

エフゲニー・オネーギン

エフゲニー・オネーギン

IMG_0128.JPG

6〜7分咲きの桜です。明日、あさってが見頃でしょうか。雨が降らなければ良いのですが。

上野公園

上野公園

上野公園
posted by K at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

「千住家にストラディヴァリウスが来た日」     千住文子著のレビュー

一人のバイオリニストを生み出すことは、その家族にとって、こんなにも大変なことなのか・・・。

それが、読みながら、そして読後に残った一番強い印象であった。

著者は千住真理子の母親。画家と作曲家の兄をふくむ3人の子供の母親であり、この本は第一に家族の物語である。

千住家の両親にとって一番大変だったのは、教育資金である。父親は慶応の大学教授だが、子供の実力にふさわしいバイオリンを買い与える経済力はなく、実業への転職を真剣に考える場面がでてくる。

千住真理子は連日コンサートに立ちながらも、実はすでに寿命の過ぎている自分のバイオリンをテクニックに頼って鳴らす、というエピソードがある。そんな日々を重ねるうちに、バイオリニストは徐々に疲弊してゆく。すり減ってゆき、病気がちになる。

そんな中、常識的に考えたら購入できるはずのないストラディバリウスが、売りに出されていることを聞く。その後、それを手にして試し弾きしたときの感動。すぐあとに続く、入手できるはずもない絶望。

千住真理子じしんが、欲しいと口に出せない時に、二人の兄が動いて借金することを決意する。結果的に、担保に出来るものがなにもない中で、兄たちが人身担保になることで「億単位」の借金をすることに。そして購入へ。(それが2002年のこと)

この兄たちの献身的な行動からみて、3人兄妹の中で最も芸術的な天分に恵まれているのが、末っ子の妹であることは疑いない。少なくとも芸術家の兄たちはそう思っており、家族の中にうまれたもっとも優れた才能を大事にしたい、という思いからの動きに見える。千住真理子は、おそらく千住家のアイデンティティの象徴になっているのであろう。

全体的な記述はあまり整理されているとはいえず、母親の視点のせいか、やや感傷的と思われる個所も少なくない。しかし、芸術家3人を生んだ家庭に対して世間一般がいだきがちな「幻想」を打ちくだく程度には、赤裸々につづられている文章である。また、一流の音楽家と楽器の関係についても、伝わってくるところのある文章であった。

千住真理子公式サイト http://www.emimusic.jp/classic/senjumariko/index.php

ラベル:教育 千住真理子
posted by K at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 本のレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

高橋アキのCD

高橋アキが「芸術選奨文部科学大臣賞」を受賞、というニュースがありました。
http://www.mde.co.jp/doc.id?id=20080312145913691

私が愛聴するCDのうち、3枚をおすすめします。
(「タンゴコレクション」とジョン・ケージの作品「フォー・ウォールズ」「危険な夜」)

同時代の日本のピアニストが、同時代の作品のCDを、継続して発表してくれることは、大変ありがたいことです。お金が儲かるとはとても思えないからです。しかし、高橋アキのCDが発売された日本と発売されない日本を想像すると、後者は明らかに、成熟度という視点で劣った世界と感じられます。(やや大げさな言い方になりましたが)

ジョン・ケージの音楽は、正直なところ、誰にでも自信をもってお薦めできる性質のものではないです。でも、例えば抽象絵画やキュビズムが好きな方、現代詩を読まれる方、ミニマルミュージックやレイハラカミ、坂本龍一やドビュッシーの幅広いピアノ曲などを聴く方、マーラーの交響曲7番やベートーベンのワルトシュタインが好きな方などは、ためしに聴いてみると、掘り出し物(宝物)をみつけることになるかも知れません。

バッハ、モーツァルトからマーラーまで続くクラシック音楽とは全く別の場所から歩き始めて、全く別の場所へ連れていってくれる音楽です。

「タンゴコレクション」は、サティやピアソラ、割と最近のジャズのピアノなどが好きな方に自信を持ってお薦めします。

(今は入手が困難なようですが「こどものためのサティ」(立松和平朗読)もお薦め)

公式サイト http://members.jcom.home.ne.jp/akitakahashi/





posted by K at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 現代音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月22日

ラ・フォル・ジュルネ金沢2008

ネットを眺めてたら、発見した。

「ラ・フォル・ジュルネ金沢」
http://www.lfjk.jp/index.html
http://oekfan.air-nifty.com/news/2008/02/post_8847.html


ラ・フォル・ジュルネって、金沢でもやってるんだ、知らなかった。(アンサンブル金沢という楽団のことはもちろん知ってました)

私は埼玉に住んでいるので、浦和レッズや大宮アルディージャの、地元の盛り上がりを見知っています。近所のスポーツジムでは、レッズのユニフォームを着てエアロビクスを踊っているファンキーな女性を見掛けます。

やっぱり良いオーケストラがあると、クラシック音楽も活発になっていくんだ、と思いました。今年のテーマはベートーベンらしい。私は金沢までは行けないけれど。

公式サイトには、ナクソスというクラシックファンには貴重なレーベルによる、無料視聴コーナーもあります。
posted by K at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

レコード芸術4月号 演目別 オペラDVD名作大全

近所の図書館で、レコード芸術の最新号を手にとったら、特集をやっていた。それぞれ評者の方が、有名な演目のベストDVDを選ぶという企画。

自分が気に入ってるディスクが選ばれているか、まずその視点で、つぎに、自分の知らない良さそうなディスクはありそうか、という点からざっと目を通してみると・・・。

5〜6割方は私と同じセレクトで、2割は違うディスク、2割弱は私が聞いたことがない作品やディスクといった感じ。

プロの音楽評論家が選んでいるせいか、ちょっと前衛的な演出のものが多すぎる気がした。

2006年ザルツブルグの「フィガロの結婚」などは、ファーストチョイスじゃないでしょう。しかし、雑誌では選ばれていた。私などは、喜劇としての作品の良さが活かされていない演出だと思うが。

「フィガロ」のファーストチョイスは、1966年のベーム指揮か、グライドボーンのコトルバスがスザンナを演じたディスクだと、私とは思う。

とはいえ、この手のランキング企画は、眺めててなかなか楽しく、多少は参考になります。一部の演目をのぞくと、オペラのDVDの品揃えって、まだまだこれからかなあ、って気もしました。

posted by K at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ペレアスとメリザンド チューリヒ歌劇場 メスト

年をとるにしたがい、ドビュッシーは聴く機会が増えることはあっても、今まで減ることはなかった作曲家です。「ペレアスとメリザンド」は、特にDVDで視聴するようになって、機会がぐっと増えたオペラのひとつ。(カラヤンのLPで初めて聞いたときは、最後まで聞きとおせなかった)

このオペラに限りませんが、ドビュッシーの代表作はどれも、感傷を排している点、乾いている点で、邦楽とどこか共通点があるように思います。モーツァルトからワグナー、マーラーまでは感情の振れ幅が極大化する方向に歴史が進んでしまっているようですが、ドビュッシーが登場して急に大人になる。達観したような大人の音楽になる。

それまで自分の内側にむかっていた視線が、180度転換して外側にむかって開かれた、そんな印象ではないでしょうか。

そして、少なくともオペラに関しては、それ以後に、これほど熟達した、精神的に成熟した、完成度の高い作品は現れていないように思います。

幻想的でありながら、きわめて知的な作品。ひょっとすると、現代人がもっとも親近感を感じられるオペラかも知れない。

このDVDについては、現代の不条理劇的な演出の効果に触れる必要がありますが、それはまた改めてエントリーします。(それと小沢征爾の後任でウィーン国立歌劇場の監督になる指揮者についても。)

私のもっとも好きなオペラの一つなので、今後このブログで5〜10回は登場する予定の作品です。

次に登場するときには、主にメーテルリンクの原作と、このDVDの演出についてコメントする予定です。

posted by K at 22:31| Comment(3) | TrackBack(0) | ドビュッシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

ラ・フォル・ジュルネ2008 Yahooの選曲など

ラ・フォル・ジュルネ2008」のチケット発売開始ということで、ヤフー・トップページから、特集サイトへリンクが出ていました。

トップページにクラシックの話題が出ること自体、異常事態に近いかも知れないので、このヘンな名前の音楽祭は、いよいよ市民権を得つつあるのかも知れない。今年は「シューベルトとウィーン」というテーマらしい。

特集サイトを見て、面白かったのは、ヤフーチケットの選曲。以下の曲が演奏される予定の公演、という構成になっている。

・「魔王」 を演奏する予定の公演
・「野ばら」  〃
・軍隊行進曲  〃
・交響曲第7番「未完成」  〃
・ピアノ五重奏曲「ます」  〃
・12のレントラー   〃
・アルペッジョーネ・ソナタ  〃
・弦楽四重奏曲「死と乙女」  〃
・「アヴェ・マリア」   〃
・交響曲第8番「グレート」  〃
・歌曲集「冬の旅」   〃

シューベルトの日本で人口に膾炙した曲を、リサーチしてランキングにしたかのよう。この有名な曲をすべて演奏するラ・フォル・ジュルネもすごい(やっばり言いにくい)。クラシックの聴衆を広げるというのも、音楽祭の趣旨らしいので、この選曲と紹介方法はもちろん正しいのですが。

魔王や野ばらは、今でも小中学校の教科書に載っているのでしょうか。きっと、のっているのでしょう。のっていてほしい。

私の好みでは、「即興曲」「最後のほうのピアノソナタ」「弦楽5重奏」「ピアノ3重奏」などを付け加えると、ときどき聞きたいシューベルトリストが出来上がります。それとアバドとウィーンフィルによるミサ曲も。

あらためてリストを見ると、「死と乙女」や「冬の旅」のような、有名とはいえ、異常に暗くて激しい曲がきちんと入っているのが、なんとなくうれしい。

話題になっているのを横目でみながら、去年までは行ってない。今年は行ってみようかしら。
posted by K at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

デセイ モーツァルトのヒロインたち

言うまでもないですが、デセイには、素敵なCDがいくつもあります。
ヘンデルを歌うときの、澄み切っているにもかかわらず骨太な声。フランスものを歌う時の、声の自然な暖かみと奥行き。

でも、もしデセイの声の魅力を一枚で見渡せるCDを選ぶとすれば、これになる気がします。

1曲目は、夜の女王の激情が、激しさはそのままに、透明に昇華されています。怒りという感情も、ひたむきであれば美しくなりうることの証明。おなじ作曲家の遺作の中の「怒りの日」を連想させる夜の女王は、このデセイだけではないでしょうか。

7曲目「アルバのアスカニオ」のみずみずしさ。10代のモーツァルトにしか書けなかったものが再現されていると思います。

8−9曲目「後宮からの逃走」コンスタンツェのアリア。突き抜けるように伸びやかな強音(まさにデセイの特長)。それと、繊細でいながら、くっきりとした輪郭を持つ弱音。

激しさと繊細さを自在にあやつれる技量。モーツァルトに、あたらしい息吹を吹き込んだ歌唱で、モーツァルトという作曲家の広さと深さを再認識できる演奏です。

このCDを聴くと、私は、10代のとき自分のおこづかいでモーツァルトのLPを買い始めた頃を、なぜか思い出したりします。(その頃は器楽とシンフォニーしか聴いてませんでしたが)。


posted by K at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | アリア集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

情報源リンク (厳選バージョン)

【オペラとは何か、が分かるサイト】


 ・オペラ入門「BRAVO!オペラに行こう!」

  新国立劇場の公式サイトの1コーナー。

  基本のおさらいに、部厚い本など読みたくない方に
  おすすめ。 
  

【オペラのあらすじが分かるサイト】

 ・オペラ名曲辞典 

  大阪シンフォ二カー交響楽団が運営するモバイル音楽
  辞典の1コーナーで情報の信頼性は非常に高い。

  携帯向けサイトですが、簡にして要を得ているサイト
  です。

  モバイル音楽辞典もおすすめ。


【DVD、CDの価格情報が得られるサイト】

 ・DVD ショッピングサーチ比較【Smarter】

  検索窓に題名・タイトルを入力すれば、価格の比較が
  できます。

 ・CD ショッピングサーチ比較【Smarter】


【公演予定が分かるサイト】

 ・チケットぴあ/クラシック

  話題の公演情報が得られます。
  会員登録すれば、チケットがとれます。  

 ・クラシック音楽情報 - WEBぶらあぼ

  情報が網羅的で、しかも検索しやすい点で、
  これに優るサイトはないでしょう。


※随時、バージョンアップ予定です。
ラベル:リンク オペラ
posted by K at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報源リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

このサイトについて

<エントリーする記事内容>

 ・オペラとクラシックのDVDやCDのレヴュー。

 ・それにまつわる話題


<劇場支配人のプロフィール>

・クラシック視聴歴23年の41歳です。(2008年現在)

・バロック以前から現代音楽まで何でも聴きます。

 好みは徐々に、エントリーに反映していく予定。

・ほぼ毎日、音楽を聴いていないと生活できないタチです。

・専門的に音楽の勉強をしたことはないです。

・マシンの概要

 ・ステレオ − 知り合いが手作りの真空管アンプ
          DENONのプレーヤーとスピーカー    
  (その他にBOSEのAcoustic Wave U)

 ・映像 − ビエラ37型
        パナソニックのDVDプレーヤー
ラベル:お知らせ
posted by K at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。